ウラジオストク空港からの乗り継ぎで最速なのは?市内へのアクセスがいい航空会社はここ!

空港アクセス 旅行のヒント
スポンサーリンク

ウラジオストク空港に到着したら、ウラジオストク市内までどの交通機関を利用するのが一番いいのか悩みませんか?
運賃や時間、快適性、また乗ってみたい交通機関など優先したいことなどいろいろあると思います。

しかしウラジオストク空港から市内中心部へのアクセスは、飛行機の到着時間によって利用できる交通機関はかなり限られます。

そこでウラジオストク空港に到着する飛行機はどこの航空会社を利用すれば一番早く着けるかを検証してみました。

ウラジオストク空港から市内への交通機関

ウラジオストク空港から市内への交通機関は電車・バス・タクシーの3種類です。

電車

ウラジオストク空港からウラジオストク駅を結ぶアエロエクスプレス。

アエロエクスプレス

1日の便数は7:42、8:31、10:40、13:25、17:45の5本です。(2020.1現在)
ウラジオストク駅は終点なので、電車ですが寝過ごす心配はありません。

  • 所要時間:55分
  • 値段:普通席270ルーブル
  • クレジットカード可

バス

こちらもウラジオストク空港からウラジオストク駅を結びます。

空港 バス

107番のバスを利用します。
ローカル気分を味わえるバスもおもしろいかも。

06:50、08:10、08:30、09:00、09:30、10:00、11:00、11:30、12:00、12:30、13:00 、14:00、14:30、15:00、15:30、16:00、17:00、17:30、18:00、19:00、20:00

  • 所要時間:1時間~(渋滞の状況により変動します)
  • 値段:200ルーブル、荷物1個につき100ルーブル
  • 現金のみ

※時間や費用は2020.1現在

タクシー

国内線ターミナルの出口近くにある黄色いカウンターが受付です。

空港 タクシー

待ち時間がなく、ドア To ドアでホテルまで一直線。
チケット購入も簡単で一番気軽だと思います。

  • 所要時間:50分~(渋滞の状況により変動します)
  • 値段:1500ルーブル
  • クレジットカード可

ただし、空港を出て声をかけてくる人は白タクで2000ルーブルあたりのようです。

スポンサーリンク

各航空会社の到着時間(成田空港から直行便)

成田空港からウラジオストク空港の直行便で利用できる航空会社は4つあり、日本航空(JAL)・全日空(ANA)航空・S7航空・アエロフロート(ロシア航空)です。

それでは2020年9月の場合のフライトスケジュールを見てみましょう。

日本航空(JAL)

毎日定期的に運行されています。

10:50→14:15 月 火 水 木 金 土 日

全日空(ANA)

運行数は少ないですが、一番早くウラジオストクに到着する便があります。

10:10→13:30 月       金
12:10→15:30     水

S7航空

ウラジオストク到着は遅いですが、首都圏であれば午前中勤務して午後から出発も可能。

15:40→19:15 月 火   木   土 日

アエロフロート (ロシア航空)

毎日運航している午後便。

13:05→16:25 月
14:05→17:25   火 水 木 金 土 日

スポンサーリンク

利用できる交通機関(2020年9月の場合)

到着時間が分かったところで、ウラジオストク空港からウラジオストク駅行きの利用可能な交通機関を見てみましょう。

※飛行機は予定時間より早く到着することもあれば遅れることもあるため、あくまで参考程度で見てみてください

電車が利用できる航空会社は日本航空(JAL)と全日空(ANA)

成田空港からウラジオストク空港の直行便であれば、この時点で電車はアエロエクスプレス最終は17時45分の1択になります。

飛行機が遅延したり、入国審査などでトラブルがあった場合や、荷物の受け取りがある場合は1時間もしくはそれ以上を見ておいた方がいいと思います。
「機内持ち込み荷物のみで出発」・「飛行機が空港に定刻に到着」・「スムーズな入国審査」という3拍子が揃うと、アエロエクスプレスの切符を購入し終わるまでの時間は最速で30分です。

到着時間は

  • 日本航空(JAL)→14時15分(毎日)
  • 全日空(ANA)→13時30分(月・金)、15時30分(水)

なので、日本航空(JAL)と全日空(ANA)はほぼ電車で市内へ向かうことができます。
月曜日のアエロフロート(ロシア航空)→16時25分もトラブルがなければ可能。

アエロエクスプレスも時間に正確な定刻出発なので、確実に予定通り到着します。
また運賃も安いので、間に合えば利用してみてはいかがでしょうか。

16時30分~19時到着の飛行機はバスも可能

バスの最終は20時。そのためウラジオストク空港に19時までに到着できればバスに乗車できる可能性もあります。

  • アエロフロート(ロシア航空)→17:25到着(月曜を除くすべて)

であればバス乗車可能です。
安くウラジオストクへ向かいたいけど、電車はもう終わってるなんて時はいいのかも…。

ただ、夕方のウラジオストクはGoogle MapもYandex Mapsも中心部の渋滞のため、主要道路は真っ赤な表記が出ます。
マイル子がウラジオストクへ行った時もたまたま電車に乗れたのですが、ウラジオストク駅に到着し街を歩いていると、ものすごい大渋滞でした。
途中バス停に停車しながら進むバスだと、夕方は時間的に要注意だと思います。

3~4人だとタクシーが高コスパで最速

マイル子は一人だったので最悪タクシーに乗ろうくらいに考えていましたが、3~4人で行かれる場合はタクシーがおすすめです。

おすすめ理由は

  • いつでも乗車できる:24時間営業
  • 待ち時間のタイムロスがない:空港でタクシーの予約ができたらすぐ乗車して出発できる
  • 割り勘できる:1500ルーブルも3人で割れば一人500ルーブル
  • 楽ちん:ホテルまで大きな荷物と一緒に直行してくれるし、道に迷わない
  • 渋滞の時間を避けると最速

バスと一緒でタクシーも渋滞問題はあると思われますが、日本航空(JAL)や全日空(ANA)の到着時間であれば夕方ほどの渋滞はないかもしれません。(しかしあちこちでちょっとした交通事故もあるようですが・・・)
Googleマップを見てみるとウラジオストク空港からウラジオストク駅までの所要時間が、日中だと45分と出たこともあります。

渋滞しているときでも1時間くらいのようですが、時間帯によっては最速でウラジオストク中心部の目的地へ到着します。

以上のことから、全日空(ANA)とタクシーの組み合わせが、15時前後にはウラジオストク中心部に到着する最速パターンと言えます。

まとめ

空港から中心部までのアクセス方法により、その後の観光の予定がいろいろ変わってくるため、時間の目途が立つと組みやすいですよね。

ウラジオストク空港から一番最速で市内へ行けるのは、時間帯によってはタクシーです。
ですが、電車は到着時間は確実で、バスもゆっくりウラジオストクの空気を感じながら向かうという点ではあっという間に目的地に到着するかもしれません。

各交通機関を利用するためには飛行機の到着時間も気になりますが、JALやANAでしたらすべての交通機関利用が可能です。
そして最速でウラジオストク中心部に到着するのは、ANA+タクシーの組み合わせと言えます。

交通機関の時刻表は定期的に更新されたり、現地の交通状況は日々変わりますが、少しでもお役に立てる部分があれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました