バレンタインジャンボミニ宝くじ2022で買うといい日はいつ?縁起のいいおすすめの日

トリビア
スポンサーリンク

1等・前後賞合わせて3億円が当たるという「バレンタインジャンボ宝くじ」と同時に発売される「バレンタインジャンボミニ宝くじ」。

ミニというだけあり当選金額も1等・前後賞合わせて3千万円というミニサイズですが、ジャンボ宝くじよりも当選確率が高いと言われています。

宝くじの買い方など様々な攻略方法があるようですが、難しいことはよく分からないですよね。

そこで「バレンタインジャンボミニ宝くじ2022」の当選確率を上げる、神頼み的な買い方としておすすめの買うといい日をご紹介します!

バレンタインジャンボミニ宝くじ2022の当選確率が上がる買い方!

2022年はバレンタインジャンボミニ宝くじでささやかな幸せをゲットしたい、いやそれなりに興奮したい方も多いのではないでしょうか。

宝くじの当選確率を上げるたくさんの攻略法がありますが、これって長年やるかたくさんの本を読みり大金はたいて攻略セミナーで学んだりしなければはっきり言って分からないと思うんですよね。

でもまだ残されてます!当選への道が!!

それは買うといい日、つまり縁起のいい日でもある一粒万倍日に購入すること。

2021年のバレンタインジャンボミニ宝くじの発売日は2021年2月3日から3月5日でした。

2022年もそのころだと思われますので、1月下旬から3月上旬までの宝くじを買うといい日をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

バレンタインジャンボミニ宝くじ2022で宝くじを買うといい日

バレンタインジャンボミニ宝くじに限らずとにかく宝くじを買うといい日と言われるのが、

一粒万倍日

2022年のバレンタインジャンボミニ宝くじ発売期間の一粒万倍日は、

一粒万倍日(2022年1月)

  • 1月23日:友引
  • 1月26日:大安

一粒万倍日(2022年2月)

  • 2月5日:大安
  • 2月10日:仏滅
  • 2月17日:大安
  • 2月22日:仏滅

一粒万倍日(2022年3月)

  • 3月1日:大安
  • 3月9日:友引
  • 3月14日:先勝

だいたいこの辺り。

一粒万倍日以外に天赦日というこちらも縁起がいいとされている日もありますが、残念ながら2022年のバレンタインジャンボミニ宝くじの発売期間にはありませんでした。

スポンサーリンク

縁起のいい日に宝くじを購入し当選した人っているの?

宝くじを購入する時は、毎年強い意気込みで買う人からなんとなく買う人までいろいろ。

そんな中で一粒万倍日など宝くじを買うといい日に購入し当選した人たちも。

バレンタインジャンボミニ宝くじの発売期間に天赦日はありませんが、一粒万倍日だってとても縁起がいい人言われ、宝くじを買うといい日とされています。

そんなラッキーな方の口コミを集めた記事がこちら!

そのほかにもさまざまなきっかけで高額当選した方がいらっしゃいますが、一体どんな経緯があるのでしょうか?

スポンサーリンク

宝くじ高額当選した人の体験談

宝くじを買といい日にこだわらずほかの方法で宝くじに高額当選した方も大勢いらっしゃいますが、一体どんな買い方をされたのか気になりますよね。

宝くじ公式サイトに宝くじの高額当選をされた方の体験談がありましたのでご紹介します。

願掛けグッズ

「願えば叶う」ではないですが、強く思う気持ちに幸運の女神は微笑むようです。

福岡県のS.Tさん(63才)は、10年来の宝くじファン。
宝くじを買うと、お気に入りの願掛けグッズへ、抽せん日まで当せん祈願を欠かさずに行うのが習慣です。その願掛けグッズとは、旅行先で買ったこけし人形。「一目見て縁起の良さを感じた」のだそうです。グリーンジャンボも、いつもと同様に50枚購入して、当せん祈願をし続けました。
すると結果は、1等1億5,000万円にズバリ。
念願の高額当せんに、こけし人形への感謝もひとしおのご様子でした。

引用元:宝くじ公式サイト

保管場所

冷蔵庫だけでなくお財布や引き出しなど宝くじの保管場所も大事。よく使う大事にしている物の中で大事に保管することが重要なのかも。

大阪府の会社員、K.Nさん(38才)は、5年以上の宝くじファン。
あるとき、なにかの本に“運が逃げないように冷凍庫の中に宝くじ券を入れて凍らせるといい”とあるのを読んで、ピピンときました。「私の場合はアウトドアが趣味でクーラーボックスをよく使うので、その中に保管しようと決めたのです」。その保管方法が効いたのか、グリーンジャンボ2等1,000万円に的中。
「運を逃さない秘訣を見つけました」と、笑顔満面でした。

引用元:宝くじ公式サイト

想像力

宝くじに限らず幸運の女神は否定的な感情には寄り添ってもらえません。宝くじも楽しむことが一番!

東京都のY.Sさん(40才)の楽しみは、親しい友達との楽しいおしゃべり。
あるとき友達と「宝くじに当たったら」という話題で大いに盛りあがったのだとか。
「お互い、億万長者になりきって、どこそこへ行って、なにをして、いろいろ買って・・・と、それはもうイマジネーションをふくらませて大笑いでした」とご本人談。そうしたら、その後すぐに宝くじを買いたくなってしまい、春のフレッシュくじを20枚購入すると、なんと1等6,000万円に当せん。
本当に当たるとは、「ホント~に」びっくりしたそうです。

引用元:宝くじ公式サイト

タイミング

あまりに欲がない場合も宝くじに当選しやすいって言われますよね。宝くじを買うこと自体に欲はゼロではありませんが、「なんとなく」の感覚が思わぬ結果をもたらすことも。

青森県の会社員、S.Kさん(50才)の当せんのきっかけは、友人との待ち合わせ。指定の場所で待っていると、友人から当初の時間より到着が遅れると連絡が入ったそうです。
そこで先ほどから目についていた宝くじ売り場。
ちょうどドリームジャンボが発売中でけっこうな行列ができていたそうですが、「これはいい」と何分も並んで20枚購入しました。すると1等の前賞5,000万円に的中。
大きな実りある待ち時間となりましたね。

引用元:宝くじ公式サイト

感謝の気持ち

感謝の気持ちが強い人は運も強いとも言われます。日頃の行いのいい方はたくさんいらっしゃいますが、その中で感謝の気持ちを持つことが重要なのかもしれません。

愛媛県のM.Yさん(60才)の当せんエピソードは、散歩中に瀕死の野ウサギと遭遇したことから始まります。
これはたいへん、とばかりにすぐに病院へ連れていきました。
その甲斐あって野ウサギは一命を取り留め、元気になったところで野に帰してやったそうです。
それから間もなく幸運の女神くじの1等6,000万円に大当たりとは、まるで優しい心に女神が微笑んだかのよう。
「野ウサギの恩返しにちがいない」と家族で大いに盛りあがりました。

引用元:宝くじ公式サイト

柔軟性

「宝くじなんて当たるわけない」と宝くじを買わない人は当然当たりません。まずは一歩を踏み出す、これ基本ですよね。

「宝くじについては、買い方ひとつ知りませんでした」というのは、鳥取県の会社員、M.Sさん(45才)。長年、宝くじファンの友人がいてジャンボのシーズンには熟考して売り場を決め、必ず大安吉日に購入する彼の様子をずっと見ていたそうです。そのあまりの熱心さをたびたび目の当たりにするうち、「そんなに楽しいものなのか」と、試しに買ってみる気になったのがサマージャンボでした。
初購入した10枚のうちの1枚が、1等2億円にズバリだなんて、宝くじって、いつ誰が当たるか本当にわからないものですね。

引用元:宝くじ公式サイト

宝くじを買うといい日に購入すると同時に、このような日頃の丁寧で地道な生活を送りながら宝くじの当選を目指すと確率が上がるかも!

スポンサーリンク

まとめ

2022年のバレンタインジャンボミニ宝くじを買うといい日をご紹介しました。

一粒万倍日は宝くじ売り場でも幟(のぼり)が掲げられていると思いますので、ぜひ見かけたら売り場で購入してみてください。

毎日楽しく暮らしていればいつかいいことが起こりますが、宝くじは買うといい日とされているタイミングで購入するとより当選確率が上がるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました