『天赦日と一粒万倍日』2022年はいつ?宝くじ当たった人の金額も

宝くじ イベント
スポンサーリンク

宝くじ売り場で時々見かける「天赦日」や「一粒万倍日」という言葉。

なにやらとても縁起のいい日のようで、宝くじを買う日をこの日に決めている人もいるほどです。

しかし本当に天赦日や一粒万倍日に「宝くじ当たった~!」って人は、一体どのくらいの金額をゲットしているのでしょうか?

そこで宝くじを買いたくなる2022年の「天赦日」や「一粒万倍日」はいつなのか、当たった人の金額の実際を見ていきたいと思います。

天赦日と一粒万倍日とは

誰もが夢見る「一攫千金」で一番に思い浮かべるのが、やっぱり宝くじ。

特に当選確率が高いと言われているのが、「天赦日」と「一粒万倍日」

天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)とは

天(神様)が赦す日(何事も赦す)=物事がスムーズに進む

天赦日は1年に5~6回しかなく、仏滅が重なっても神様の恩恵を受けられるというパワーの強い日。

人生において重要なことや新しいことを始めるとよい日(開業、結婚や入籍など)ですが、金運アップでもかなり影響を受ける日と言われています。

それともう一つのラッキーデイ、

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは

一つの籾(もみ)で1万倍取れる日

一粒万倍日はひと月に4~7日ほどあり、天赦日と同様に、新しいことを始めたりお金を出すことで金運アップが望める日と言われています。

ただし借金をしたり人から借り物をすると苦労も万倍になるそうなのでご注意を。

スポンサーリンク

2022年の天赦日と一粒万倍日はいつ?

それでは早速宝くじ購入にぴったりの2022年の「天赦日」と「一粒万倍日」を見ていきましょう。

天赦日(2022年)

2022年の天赦日は6日あります。

  • 1月11日(火)友引・・・天赦日、一粒万倍日、天恩日
  • 3月26日(土)先勝・・・天赦日、一粒万倍日、寅の日
  • 6月10日(金)仏滅・・・天赦日、一粒万倍日
  • 8月23日(火)友引・・・天赦日
  • 10月22日(土)大安・・・天赦日
  • 11月7日(月)大安・・・天赦日、天恩日
  • ちなみに「天恩日」とは天の恩恵を万人が受ける日とされていて、「寅の日」とは12日ごとにめぐってくる干支の日で、その黄色と縞模様の風貌から金運の象徴とされています。

    天赦日にこれらや「一粒万倍日」が重なることで、最強の吉日になると言われています。

    「一粒万倍日」(2022年)

    一粒万倍日はひと月に数回あるため、大安に重なる週末は結婚式などの新しい門出にも人気です。

    2022年は以下の通り。

    1月11日友引14日大安23日友引26日大安
    2月5日大安10日仏滅17日大安22日仏滅
    3月1日大安9日友引14日先勝21日友引26日先勝
    4月2日仏滅5日先勝8日仏滅17日先勝20日仏滅29日先勝
    5月2日大安14日大安15日赤口26日大安27日赤口
    6月9日先負10日仏滅21日先負22日仏滅
    7月3日仏滅4日大安7日友引16日大安19日友引28日大安31日先負
    8月10日先勝15日赤口22日先勝27日友引
    9月3日先負11日大安16日仏滅23日大安28日大安
    10月5日赤口8日先負11日赤口20日先負23日赤口
    11月1日大安4日友引16日友引17日先負28日先負29日仏滅
    12月12日大安13日赤口24日先勝25日友引
    スポンサーリンク

    天赦日と一粒万倍日に宝くじ当たった!その金額は?

    さて天赦日と一粒万倍日には新しいことを始める以外に宝くじの購入でもラッキーなことが起こる可能性があると言われています。

    そんな日に購入した宝くじが当たった人は、一体どれだけ恩恵をうけたのでしょうか?

    天赦日と一粒万倍日が重なった日に宝くじ当たった人

    天赦日と一粒万倍日が重なった日に宝くじを購入し当たった人は、

    10,000円

    10,300円

    20,600円

    12,200円

    200円(-400円)

    1,200円(-800円)

    購入した金額は明かではありませんが、ツイートを見る限り宝くじ当選金額は諭吉率が高い印象です。

    もちろんハズれることもありますが、それでもなんか楽しそう!

    一粒万倍日

    ひと月に数回ある一粒万倍日に購入した場合、

    51,000円(+49,000円)

    1,000円(+800円)

    10,000円

    1,800円(-1,200円)

    宝くじに当たった金額だけ見れば、開きがあるものの高額当選も夢じゃない感じですね。

    天赦日

    年に6回しかないレアな天赦日は、

    300円(+100円)

    400円(-1,600円)

    1,340円(マイナス)

    1,600円(-400円)

    一粒万倍日やそれと重なった日に当たった金額に比べると、やや当選金額は小さくなっているようです。

    天赦日や一粒万倍日に購入した宝くじの当選金で再購入したら

    天赦日や一粒万倍日に購入した宝くじの当選金で再チャレンジした方々。

    結果は、

    0円

    300円

    300円

    大爆発はないようです。

    天赦日や一粒万倍日に買った宝くじ当たった~!というツイートをひたすら探してみましたが、やはり当たったりはずれたり、得をしたり損をしたりと当たり前ですが結果はさまざまでした。

    ただ、なんとなく天赦日と一粒万倍日が重なった日に購入した方が当選金額も大きいような印象。

    宝くじって結局夢を買うものって考えたら、

    宝くじ当たったら何に使おうかなって妄想しまくりの、買ってから結果を知るまでの時間が一番幸せなんじゃないかな~♪

    スポンサーリンク

    まとめ

    2022年の天赦日や一粒万倍日とその日に宝くじが当たった人の当選金額をまとめてみました。

    金額はもちろんごく一部なので参考までの結果ですが、どうせ買うなら天赦日と一粒万倍日に宝くじを購入してみるのも楽しいかも。

    当たったらラッキーくらいのゆとりをもって宝くじ売り場に足を運んでみましょう。

    もしかしたらいいことがあるかも!?

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました