『エイト・ハンドレッド(八佰)』中国映画のあらすじやキャスト!感想と口コミ・無料視聴も

エイト・ハンドレッド エンタメ
スポンサーリンク

『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』(原題:八佰、英題:The Eight Hundred)が2021年秋日本で公開されることに。

ひそかに日本上陸を願っていたファンが時折話題にしていましたが、それもそのはず。

『エイト・ハンドレッド』は2020年の世界興収1位で、総製作費80億円という中国の超大作。
2019年に“技術的問題”のために公開中止に追い込まれ、2020年に1年越しの悲願の上映に中国の映画ファンが沸きに沸いたほど。

そこで気になる2021年超気になる映画のあらすじやキャスト情報、そして感想や口コミをご紹介します。

映画『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』(八佰)のあらすじ

話題の『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』はマイル子も気にはなっていました。

なんてったって20万平米のセット、200mの川を作って当時の上海を再現したというハリウッド顔負けのスケールですから。

もちろんあらすじも。

1937年10月、日中戦争下の上海。

中国軍第88師第524団の兵士たちは、河沿いの上海の閘北にある巨大な倉庫「四行倉庫」を防衛拠点としていました。

そこは当時すでに占領されていた上海に面しており、日本軍からの砲撃、銃撃、空爆などあらゆる攻撃にさらされてしまいます。

その結果目の前で次々と仲間が犠牲に・・・。

そんな、倉庫で逃げられない戦いに挑む400余名の中国軍と、川の向こうの安全なところから傍観していた上海共同租界の住民たちの姿を描いています。

第二次上海事変における最後の「四行倉庫の戦い」の中で、中国国民党の守備隊・八百壮士が繰り広げた1937年10月27日から11月1日までの間に起こった実話です。

“技術的問題”のために予定していた2019年に上映できなかった「八佰」。
じつは2019年は中華人民共和国誕生70周年という大事な年だったので、作品への検閲がかなり厳しくなっていたとか。
そりゃ国民党軍と日本軍のお話ですからね。

蓋を開けてみたら『TENET』を凌ぐ2020年の世界興収1位!
そして日本でも2021年秋に公開!

スポンサーリンク

『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』(八佰)の映画出演キャスト

エイト・ハンドレッドのキャストは以下の通り。

登場人物役者
老葫芦黄志忠
(ホァン・チーチョン)
国民革命軍第88師団の第524連隊のメンバー
湖北省治安部隊の兵士
端午と小湖北の叔父
端午欧豪
(オウ・ハオ)
国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊の兵士
湖北省の治安連隊の兵士
老葫芦の甥,小湖北の兄
小湖北張俊一国民革命軍第88師団第524連隊の第1大隊
老葫芦の甥、端午の弟
羊拐王千源
(ワン・チエンユエン)
国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊の兵士
老铁姜武
(ジャン・ウー、チアン・ウー)
国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊の兵士
老算盘張譯(チャン・イー)国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊
浙江省保安連隊の兵士
謝晋元杜淳(ドゥチュン)国民革命軍第88師団第524連隊副司令官
上海六倉庫防衛戦争司令官
上官志标俞灏明
(ユー・ハオミン)
国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊中隊長
雷雄張承国民革命軍第88師団第524連隊
機関銃の指揮官
朱胜忠魏晨(ウェイ・チェン)国民革命軍第88師団第524連隊の最初の班長
陝西省出身
陈树生郑恺国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊
第2中隊、第2列、第4分隊の副班長
齐家铭(山東省の兵士)李晨(リー・チェン)国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊の兵士
洛阳铲余皑磊
(ユー・アイレイ)
国民革命軍第88師団第524連隊第1大隊の兵士
小七月張宥浩
(チャン・ヨウハオ)
国民革命軍第88師団第524連隊のメンバー
杨德余/杨养正白恩国民革命軍第88師団第524連隊の第1大隊
第1中隊、第1小隊長
杨惠敏唐艺昕
(タン・イーシン)
上海の女子兵士
524連隊に旗を送るために蘇州川を渡った
大学教授侯勇(ホウ・ヨン)上海共同租界に住み、国民革命軍を支援する住民
教授夫人梁静上海共同租界に住み、国民革命軍を支援する住民
蓉姐劉暁慶
(リウ・シャオチン)
上海共同租界の賭博場のオーナー
刀子李九霄
(リー・ジウシャオ)
蓉姐の部下、チンピラ
會長高冬平
(ガオ・ドンピン)
EVA徐嘉雯上海共同租界ナイトクラブのハーフ歌手
戏班班主馬精武
(マー・チンウー)
上海共同租界に住む
方兴文辛柏青戦争記者
何香凝姚晨(ヤオ・チェン)中国の女性革命家
日中戦争の積極的な支持者
俞鸿钧曹卫宇上海市長
張柏亭宋洋(ソン・ヤン)国民革命軍第88師団参謀長
特派员黄暁明
(ホアン・シャオミン)
国民政府蔣介石の側近
金丝镜阮 經天
(イーサン・ルアン)
上海共同租界に住む台湾人

また日本軍司令官として愛媛県出身の日本人俳優「中泉英雄」さんも出演。

それにしても見慣れない名前のオンパレードですよね。
登場人物が多くスクリーンでも淡々と人物が切り替わるので、観賞前に予習か復習をしておくといいかも。

スポンサーリンク

『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』(八佰)映画の感想や口コミ

まだ公開されていないエイト・ハンドレッドですが、一足お先に「大阪アジアン映画祭2021」で日本初の上映が行われました。

そんな話題作に敏感な映画ファンや、本場中国ですでに鑑賞された方などの感想は、

すでに観たい!観なきゃ!!くらいの期待感が湧いてきませんか?(戦争映画が苦手な方もいらっしゃると思いますが・・・)

それにしても人物名が通りの名前にもなるほどの影響力があった戦いだったようですね。

スポンサーリンク

映画『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』(八佰)無料視聴できるのはどこ?

まだ映画の上映もされていないのですが、あっという間に上映期間が過ぎ、気が付いたら上映期間が過ぎていたなんてこともあるかと思います。

そんな配信サイトの利用がとても便利なのですが、『エイト・ハンドレッド』はどこで配信されるのでしょうか?

分かり次第お伝えしますね。

ただ10万本以上の配信をしている「U-NEXT(ユーネクスト)」は可能性が高いと思われます。

31日間無料トライアルの利用で見たい映画やドラマなど見放題とかなりお得!

1ヶ月を超えても実質790円で充実したコンテンツにハマる人も続出です。

もし途中でやめたいときは、サイト内でアンケートに答えるだけでOK!

気軽に楽しめますよ!

スポンサーリンク

まとめ

2021年話題になりそうな予感の『エイト・ハンドレッド‐戦場の英雄たち‐』

中国の方も知らないかもしれない、第二次上海事変最後の5日間を描いた本作品は、中国では1度上映が頓挫するほどの内容です。

スケールの大きさもさることながら意外性のある中国映画は、2020年の世界興収1位になるほどに。

口コミや感想もからもかなり期待できそうな映画ですが、なにせたくさんの中国の俳優さんが出演するので、予習や復習をすると分かりやすいかもしれませんね。

興味が出てきたらぜひ観賞してみてください。

2021年秋に上映予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました