Pinkoi(ピンコイ)の買い方や支払い方法(関税)など使い方は?台湾発のおすすめ商品も

Pinkoi買い方 トレンド
スポンサーリンク

『Pinkoi』(ピンコイ)という最近アツい通販をご存じですか?

台湾発のアジア雑貨やファッション、コスメなどおしゃれで個性的な通販サイトであるPinkoi。

台湾だけではなくタイや香港、中国や日本国内などの幅広いアジアの商品を扱うアジア最大級のグローバル通販サイトで、今や海外に行かなくても現地ならではのトレンドを先取りでき、見ているだけでもワクワクします。

日本にはない海外の素敵な商品に興味を持った時もオンラインですぐに購入できて、ほんと便利な時代になりましたよね。

とはいえ言葉や文化の違いで、「どうやって買うの?」とか「支払いデータの管理は大丈夫?」「関税はどうなるの?」など、ビビッてしまって結局ポチらず見送った経験ないですか?

『Pinkoi』は日本人にもやさしく利用しやすい通販サイトとなっています。

そこで『Pinkoi』での通販を安心して利用できる方法として買い方や支払い方法、関税などについてご紹介します。

日本の通販と変わらないスムーズさで、一度利用したら病みつきになりますよ~!困った時は、カスタマーサポートが日本語で対応してくれるという安心感も◎

Pinkoi(ピンコイ)商品の買い方や支払い方法

Pinkoiでのお買い物はとっても簡単です。

まずはPCやモバイルサイトもしくはアプリを開き気になる商品をクリックorタップするのですが、今回はスマホアプリでの購入方法についてご紹介します。

引用元:Pinkoi公式サイト
引用元:Pinkoi公式サイト

欲しい!と思ったらいざ購入!

スポンサーリンク

カートに入れる

欲しい商品のページにある「カートに入れる」をタップします。

マイル子はこのおちゃめなイラストに惚れました!

マスクを入れたりもできるみたいです♪

  1. 画像(左)が出たら「商品種類を選択」
    はじめ緑のおじさんを購入しようとしましたが、こちらの商品は送料が1つも2つセットも同じだったので、2つセットのものを購入してみました。
  2. 商品種類を決めたら「カートに入れる」
  3. 「決済画面に進む」

Amazonや楽天などと同じ感じですね。

この画像が出ると下に支払い合計金額と一緒に「決済画面へ」というボタンが出てきます

今回は通常配送しか選択肢はありませんが、商品によっては他にもあるようです。

この時点で配送先と配送方法、個数、送料、クーポン、P Coinsの使用の最終確認をお忘れなく!

  • 配送先と配送方法
    配送先を「日本」、配送方法を「通常配送」もしくは「お急ぎ便」を選んでください。
    希望の配送先の選択肢がない場合はデザイナーに問い合わせることもできます。
  • 商品の個数
    1個のつもりがうっかり2個以上選択していることって意外にあったりします。
    最後にもう一度確認です
  • 送料
    勢いでポチってしまった時など以外に見落としがちなのが「送料」
    ショップ、商品のサイズ、配送方法により異なりますので、わからないことがあったらあらかじめデザイナーに相談してみてください。
    こちらも落ち着いて最終確認しましょう。
  • クーポンやP coinsの使用
    Pinkoiや各ショップが開催するイベントやショップレビューを書いたときなどにもらえる「クーポン」や、お友達を紹介してもらえる「P coins」
    持っていたらぜひ使ってお得なお買い物を。

それでは決済へ。

スポンサーリンク

決済と手数料

「決済画面へ」ボタンをタップすると、個人情報の入力画面が出ます。

個人情報入力は英語で

今回は海外のデザイナーの商品を購入するため、国際郵便になります。

住所は英語表記で記入します。
※日本のデザイナーから購入する場合は、日本語表記で入力するように入力フォームが自動的に切り替わります。

郵便番号を入れると市や区までは自動で表示されます。
※その後の住所が抜けると配送できず返送されてしまうかもしれないので、すべての住所を確実に記入するようにしてください。

それ以下の入力ですが、

画像の下にある青い文字にご注目!

JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。

こちらに日本語で住所を入力すると自動で英語表記に変換してくれます。

コピペで入力OKですので、あっという間ですよ!

支払い方法は7種類

入力を終えたら決済方法を選択しますが、こちらの画面でデザイナー(出品者)に商品への希望を伝えることもできます。
英語での記入が推奨されています。英語が不安な方はPinkoiカスタマーサポートにお手伝いしてもらえますよ。

デザイナーが購入者の希望に応じて素材や色、サイズを調整して制作する「オーダーメイド商品」などは、こちらの『デザイナーへのメッセージ』でデザイナーに商品の希望や詳細を伝えることができます。
※メッセージについて翻訳などのサポートを希望する場合は、Pinkoiカスタマーサポートに連絡すれば対応してもらえるそう!

以上が完了するといよいよ決済へ。

Pinkoiの支払い方法はなんと7種類!

クレジットカード、ドコモケータイ払いはSSL(Secure Socket Layer)を採用されてるので、安全性についての心配はないと思います。

なお決済の方法によって無料になるものと有料になるものがあります。

無料の支払い方法
  • クレジットカード(カード情報登録なし)
    VISA / MasterCard / JCB / Diners / American Express
  • ドコモケータイ払い
    ドコモの「dアカウント」があれば、「ドコモケータイ払い」も利用可能です。
    「ドコモケータイ払い」を選択するとドコモのお支払いページに移動します。
    ドコモでの手続きを終えるとPinkoi決済画面に戻り注文で続きが完了します。
  • Apple Pay
    iPhone、iPad、Apple WatchでApple Payの利用が可能です。
  • Alipay(アリペイ)
    中国のモバイル決済サービスです。
    Alipay決済を選択するとAlipayの支払いページに移動し、支払いが完了するとPinkoiの決済画面に戻り、購入手続きが完了します。
有料の支払い方法
  • クレジットカード(カード情報を登録した上でカード決済)
    VISA / MasterCard / JCB / Diners / American Express
    Pinkoiのアカウント設定ページにあるクレジットカード管理でカード登録をすれば、情報の入力をしなくても簡単に決済できます。
    決済手数料:有料(カード会社により料金は違います)
  • コンビニエンスストア決済:180円
    ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート
    各店内に設置されている端末でPinkoiより発行された「お支払い情報」を入力し、発券されるレシートをもってレジで支払います。
    各コンビニでのお支払い詳細方法はこちら
  • 銀行ATM振込 (Pay-easy決済):180円
    Pay-easy(ペイジー)ロゴのある各銀行のATM、Pay-easyと提携している都銀、地銀、信用金庫など
    収納機関番号(bank code)、お客様番号(customer id)、確認番号(conf no)をメモなどに控え、対象の銀行ATMで支払います。
    ネットバンキングであればスマホやPCからも支払い可能です。

まとめて支払う方法

なお複数のショップの商品をカートに入れている場合も、まとめて支払うこともできます。

  1. カート画面で、まとめて購入したいショップ名の左側にあるチェックボックスにすべてチェックを入る
  2. 「決済画面へ」ボタンをタップ

あとは前述の通り決済に進めばOKです。

※ちなみに、「コンビニエンスストア決済」と「銀行ATM振込 (Pay-easy決済)」はこの機能に対応していないので、この二つの決済方法を利用するときはショップごとに決済してください。

スポンサーリンク
注文する

「注文確定」ボタンをタップすると

完了~♪

Pinkoiからデザイナー(出品者)に購入・決済完了のお知らせが送られると同時に、購入者にもメールが届きます。

ちなみに購入履歴は

  • アプリ:ログイン→右下の『マイアカウント』『購入リスト』を選んでください。
  • PC:ログイン→ページトップの右上のプロフィール画像→『購入リスト』
  • モバイル:左上のメニュー→『購入リスト』

で確認できます。

購入リストには「支払い待ち」「処理中」「発送済み」などの項目がありますが、今回はクレジット払いだったので「処理中」にありました。

画像(中央)の商品をタップすると画像(右)が出てきます。

こちらには評価するとクーポンがもらえるボタンや、重要なデザイナー(出品者)への連絡や返金依頼ボタンがあります。

スポンサーリンク

海外通販の関税について

Pinkoiに限らず海外の商品を入手する際に必須なのが「関税」。

関税とは海外の商品などを購入し日本国内に持ち込む「輸入品」に対しかかる税金です。

海外通販の場合関税を誰が払うのか、いつ払うのか、いくらかかるのかなどが気になりますよね。

まず関税を払うのは「商品を購入した人」です。

なので海外の商品を購入する際には、関税がかかるかもしれないことを頭に入れておく必要があります。

ちなみに今回マイル子のお買い物は、関税はかかりませんでした。

というのも関税の金額などは、商品の原産地、素材、価格、数量等により税率や税額が細かく異なります。

今回は大まかに説明したいと思います。

詳しくは税関ホームページで確認してみてください。
※ちなみに、Pinkoiサイト上にも関税について詳しく説明されるページがあります。こちら

海外通販の関税はいくらかかる?

海外通販でのお買い物は個人輸入となり、「商品代金の60%の金額に対し課税」されるものです。

しかし国際送料を含む商品代金が1万6666円までは免税され、関税や消費税、通関手数料は不要になります(革製品、セーターなど衣服、スキー靴、革靴、本底が革製の履物類等などは免税対象外)。

  • 1円~1万6666円:免税
  • 1万6667円~20万円未満:輸入消費税が必要

また、総額が3万円以上になると

商品金額×0.6(課税率)×0.10(消費税率)が必要 (2021.5月現在)

あらかじめ金額を知りたい方は、個人輸入無料計算ツールを使ってみるのもいいかもしれません。

海外通販の関税はいつ支払う?

関税の支払い方法は3つあります。

  • 関税を立て替えた配送業者の配達員に、商品を受け取る際に支払う
  • 事前に税関から通知書が届き、支払い後に配達員が配達する
  • 商品到着後に請求書が届き、定められた期日内に支払いをする

なお、配送業者に立て替えてもらった場合は「通関手数料」として支払うことになりますが、金額は配送業者によって違うようです。

スポンサーリンク

Pinkoi(ピンコイ)のおすすめ商品

いつまでも見ていて飽きないPinkoi。

日本にあるようでないデザインや色使い、パッケージは、同じような商品でも新鮮に感じます。

ちょっと違うだけなのにぐんとオシャレ度マシマシになるPinkoiの商品ですが、その中でも人気の商品をご紹介します。

Pinkoi×miffy 限定グッズ

Pinkoiといえばなんといってもmiffyとのコラボ商品。

miffy商品はオレンジや黄色、緑を基調とした色使いが特徴ですが、こちらは大人miffyの仕上がり。

試行錯誤の上できあがった青竹とホワイトフローラルの台湾らしいさわやかな香りが新鮮です。

シンデレラフィットの靴『HTHREE』

履くほどに自分の足に馴染む革靴の台湾のシューズブランド『HTHREE』

レザーの特性を知り尽くした職人による手染めハンドメイドの靴は、履けば履くほどあなたに寄り添います。

日本ならこのようなクオリティーの靴は4~6万円以上しますが、HTHREEは2~3万円台という、オシャレ・個性的・コスパよしの靴ブランドです。

センスいいマスク

不織布やコットン生地のかわいいプリントマスクは、どれもセンス抜群。

マイル子は個人的にこの台湾の代表的調理家電「電鍋」のデザインにキュンキュンしました♪

他にもたくさんあるのですが、最後にマイル子がおすすめしたいのが「石鹸」

台湾の老舗石鹸メーカー『大春煉皂』(ダーチュン石鹸)

レトロモダンな台湾を感じる大春のパッケージ。

無添加ソープをネットに入れて泡立て洗顔すると、かなり長期間使用できコスパは最高です。

そしてこちらキュウリの石鹸は乾燥肌、美白などに効果があるそうですが、脂性のマイル子は脂浮きがけっこう減りました。

それまで使用していた洗顔フォームはお肌の水分をかなり失っていたんですね、きっと。

なので今ではすべて石鹸派です。

Pinkoiでも販売されているので、よかったら試してみてくださいね!

『大春煉皂』キュウリ石鹸はこちら

\Pinkoiの評判やトラブル対処法の記事はこちら

Pinkoi(ピンコイ)の評判や口コミは?届かない時や返品などトラブルの対処法も
『Pinkoi(ピンコイ)』はPinkoi Japanとして日本でも通販を開始され、台湾雑貨のかわいい商品が話題に。しかし購入後も商品がなかなか届かないなど安全な取引への声もあるため、評判や口コミとともに返品などトラブルの対処法をご紹介します。
スポンサーリンク

まとめ

台湾の今と昔をセンスよく感じさせてくれる『Pinkoi』。

グローバル通販サイトのPinkoiでのお買い物はとても簡単で、高品質な商品をお安く購入することができます。

おすすめ商品以外にもたくさんのかわいいおしゃれなグッズなどが盛りだくさんで、ネットショッピングの楽しさをさらに押し上げてくれます。

日々進化するアジアをPinkoiの通販で感じてみるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました