キャンプに中華鍋をおすすめする理由とレシピ!鉄鍋の大きさや手抜き料理をご紹介

中華鍋 お気に入りの品
スポンサーリンク

キャンプでの楽しみに焚き火を挙げる方が多いのではないでしょうか。

そして焚き火の炎を眺めるのも癒しになり、非日常を味わうには最高の遊び。

また焚き火は炎を楽しむだけではなく、料理にも使えちゃいますよね。

キャンプでの調理器具はダッチオーブンやクッカーが主ですが、鉄製の中華鍋もキャンプの焚き火ととても相性がよくおすすめです。

そこで今回はキャンプに中華鍋をおすすめする理由や鉄鍋の大きさ、料理のレシピなどをご紹介します。

中華鍋をキャンプでおすすめするわけ

クッカーやダッチオーブン、そして家にあるフライパンなどを使っておいしい料理を工夫して作るのもキャンプの醍醐味ですよね。

外で食べるごはんは塩むすびでもごちそうになるキャンプマジックがあるわけですが、調理をしたらなおキャンプ飯で盛り上がっちゃいます。

そんなキャンプ料理のお気に入りギアにもう一つ加えてほしいのが『中華鍋』!

中華鍋がキャンプにおすすめする理由は・・・

スポンサーリンク

豪快な遊びになる

キャンプで炒め物を作るとき焚火の上で思いっきり中華鍋を振りながら炒めるのは、それだけで面白い!

中華料理屋さんさながら、遠慮なく豪快に具材を振り上げてみてください。

気分はコックさんです!

家庭では出せない火力

キャンプと言えば焚き火。

焚き火で調理するとき「火が強すぎるなぁ。」と焦がしたりしてしまうことが多くないですか?

クッカーやダッチオーブン、フライパンなどは五徳や焚き火の薪に直接置いて具材に火が通るのをジッと待つことが多いので、高さを変えたりずらしたりしながら火加減を調節しますよね。

中華鍋は焚火の強い火力を利用し、振ったり揺らしたり置いたりと火力を調節しながら使うことができる万能鍋なんです。

例えばチャーハンですが、美味しいチャーハンは中華鍋の底でパリッとさせ軽く煽ったりしながら空気を含ませていきます。

この時家庭では火力が十分ではないため煽ることで鍋の熱が下がってしまいます。

だからと言ってコンロの上で炒め続けても、まんべんなく熱を行きわたらせるのは難しい。

しかし焚火の炎の上なら鍋の高さを変えても炎がある程度温度を保ってくれるので、急激に温度が下がることなく見事にパラパラチャーハンができあがります。

スポンサーリンク

お手入れ簡単

中華鍋は鉄製です。

一見さびなどでめんどくさく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れたらむしろ料理の出来栄えとその頑丈さに手放せなくなります。

中華鍋のお手入れ方法はダッチオーブンなど鉄鍋と同じで、「お湯で洗う→火で乾かす→油を薄く延ばす」です。

\スティック状のオイルでお手入れ簡単!/

ダッチオーブンほど重くはなく、クッカーよりも焦げ付いた時に洗いやすく傷を気にしなくていい、ちょうどいい塩梅なのです。

もし中華鍋が焦げてしまった場合、焚火で思いっきり炙ると焦げもサラサラの灰になってきれいになります。

スポンサーリンク

普段使いできる

キャンプで使う調理器具でクッカーを使われる方も多いと思います。

クッカーは軽くて丈夫で、軽量化したいときはとても便利なギアですよね。

しかしちょっと料理の幅を広げたい時にわざわざキャンプ用にまた調理器具を購入するというのも、お小遣いの負担になりますし値段のわりに日常での出番は少ないのでは?

しかし中華鍋なら普段使いもでき、キャンプへ行かない時はキッチンでフライパンと一緒に重ねたり壁に掛けたりして収納できるので案外小回りが利いちゃうのです。

家庭でいつもの料理を同じ中華鍋で作って違いを楽しむのもいいですね。

キャンプでおすすめの中華鍋と大きさ

おすすめの中華鍋の大きさですが、一般的に 2人分で28〜30cm、3〜5人分で30〜33cmと言われています。

しかしキャンプなどアウトドアでの料理は、少しずついろんなものを作ったりするのも楽しいので、必ずしも家族分でなければならないということはありません。

持ち運びや扱いやすさからも、あまり大きすぎないものが便利ではないかと思われます。

でも決まりはありませんので、自分の作りたい料理や量、スタイルに合わせ自由に選んで大丈夫です!

スポンサーリンク

キャンプでおすすめの中華鍋と大きさ

中華鍋と言っても多くのメーカーのものが販売されていて、どれを購入したらいいか迷ってしまいますよね。

こちらではキャンプにおすすめの中華鍋とおすすめポイントや大きさをご紹介します。

ヨコザワテッパン

今アウトドア界で熱い中華鍋といえば『ヨコザワテッパン×おやじキャンプ飯』。

クラウドファンディング「Makuake」であっという間に売り切れた新たな伝説となった中華鍋で、お玉や専用袋もついています。

22.3㎝とソロキャンサイズの大きさですが、厚さ2㎜の鉄板で作られたこちらで作るキャンプ飯は、より本格的な美味しさに変貌します。

\ヨコザワテッパンの購入方法はこちら

スポンサーリンク

ユニフレーム

ユニフレームは焚き火台や焚き火テーブル、ダッチオーブンなど数々のヒット商品を生み出した新潟県燕市にあるアウトドアブランド。

そんな金属加工業の町で作り出された中華鍋の大きさは、ソロキャンパーに評判の良い17㎝。

小さいと思いきや、炒め物だけではなく揚げ物や煮物などソロでも使い勝手のいいサイズ感で、リュックにぶら下げてキャンプ地を目指すのもかっこいいですよ!

パール金属

コスパが最高なのがパール金属。

サイズは27から3㎝刻みで39㎝まであります。

とても軽量なので持ち運びやすく調理にも使いやすいので、キャンプ地で全力で中華鍋を振り回し使いたい方におすすめしたい!

山田工業所

山田工業所の中華鍋はバリエーションの多さで、自分のスタイルにあった大きさを選ぶことができます。

直径はこちらも3㎝刻みで39㎝まであり、鉄板の厚さも1㎜、1.2㎜、1.6㎜と種類も豊富。

プロも選ぶという山田工業所の中華鍋は、焚き火の強い火力で使うと誰でもプロの味に!

キャンプで中華鍋の簡単手抜きレシピ

中華鍋や炒め物だけでなく煮物や揚げ物、汁物、茹で物となんでもできちゃう万能調理器具。

しかしキャンプでキャンプ飯を作ろうと思っても、テントの設営や焚き火の準備などで時間があっという間に過ぎてしまい料理に割く時間が無くなってしまった、ということもありませんか?

でも中華鍋なら、どんな手抜き料理でも簡単においしくつくることができます。

そこで本格的な中華鍋レシピは他のブロガーさんに託し、こちらでは誰でも作れる簡単でお手軽な美味しい手抜きキャンプ料理をご紹介します!

ふざけてません、真剣です!

スポンサーリンク

チャーハン

中華鍋の定番「チャーハン」を思いっきり肩の力を抜いて作るレシピ。

材料(2人前)

  1. 冷凍チャーハン 300g
  2. 卵 2個
  3. 刻みねぎ 適量
  4. サラダ油 少量

作り方

  1. 卵を溶く
  2. 中華鍋を鍋肌から煙が出るまで熱する
  3. 2にサラダ油を入れさらに煙が出るまで熱する
  4. 3に1を入れ素早く混ぜる
  5. 4に火が通ったら冷凍チャーハンを入れる
  6. 始めはほぐすように混ぜ、バラついたらなべ底に具材を軽く押し付けるようにして水分を飛ばす
  7. 時々中華鍋を振ったり揺すったりしながら空気を含ませる
  8. 5分ほど炒め全体がパラパラになったら出来上がり!

水分も焚き火の強い火力で飛ばせるアウトドアならではの出来栄え。

チャーハンは結構こまごま材料を刻んでいかないといけないのですが、冷凍チャーハンを使えば時間がない時でも楽々に作れます。

おでん

冬キャンプには定番のあったかい煮物やスープを無理せず超簡単に!

中華鍋を使えばスープが溢れる心配もありません。

材料 

コンビニやスーパーなど市販のおでん 好きなだけ

作り方

中華鍋に投入し焚火やガスコンロで温める

レシピと言ってしまうのは大変恐縮ですが、結局これが一番使えるんです。

自宅でおでんを作ってタッパーやジップロックに入れて行くのもいいのですが、液漏れの心配や容器の持ち帰りなどを考えると、市販のおでんセットはやっぱり便利なのです。

セブンプレミアム おでん

燻製

わざわざ燻製器を購入したり自作したりしなくても、中華鍋で立派な燻製ができちゃいます!

材料

  1. 燻製(スモーク)チップ 1~2つかみ
  2. うずら卵、ウィンナー、ベビーチーズ、ベーコンなど
  3. アルミホイル
  4. 中華鍋より小さいサイズの焼き網
  5. 蓋(中華鍋を覆うことができる大きさ)

作り方

  1. 中華鍋の底にアルミホイルを敷き燻製チップを入れる
  2. 煙が出るまで燻す
  3. 具材を焼き網に乗せ蓋をする(アルミホイルでも可)
  4. 火の弱いところで15分ほど様子を見ながら燻す

すぐ食べてもいいし、しばらく時間をおいて蓋をしたまま冷ますとより美味しいです。

またチーズは溶けやすいので、時々蓋を開け溶けたり焦げたりしていないか確認をしてくださいね。

ちなみにマイル子はさくらチップではんぺんをスモークしたことがあります。

しかし・・・、なんでも食べるマイル子が途中で箸をおろした数少ない食べ物が「はんぺんのさくらチップスモーク」

美味しいと評判だったので作ったのですが・・・。

何がいけなかったのか・・・いつかリベンジしたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

キャンプなどアウトドアでも大活躍の万能調理器具の中華鍋。

焚き火での強い火力で豪快にキャンプ飯を作れば何でも美味しくなっちゃいます。

日常使いができ、どんな料理も作れる中華鍋は、これからのアウトドアには欠かせないギアではないでしょうか。

肩の力を抜いて気軽にキャンプ飯を作るにも最適ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました