三段峡・三ツ滝は広島のパワースポット!駐車場から滝までのアクセスは驚異の近さ

三ツ滝3 観光
スポンサーリンク

三段峡は広島の県北にある国の特別名勝に指定された渓谷で、新緑や紅葉など四季折々の風景が観光客に人気のレジャースポット。
黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝の5大景観があり、どれもダイナミックな自然美で魅了されます。
そんな三段峡の景観の中でもおすすめは三ツ滝。

三段峡は全長16㎞あり、滝に出会えるまではかなりの距離を歩く必要があります。
しかし三ツ滝は別の駐車場があり、他の滝とは違うアクセスで訪れることができます。

今回は三ツ滝やアクセスについてご紹介します。

三ツ滝は三段峡の最上流にある絶景穴場パワースポット

三段峡・三ツ滝は二段滝、三段滝のさらに上流にある聖湖付近に位置し、樽床ダム堰堤からはたったの200m。

三ツ滝1
三段峡の始まりはこんな感じ。

三ツ滝三段滝と似ていると言われますが、三ツ滝の幅の狭い高低差のある崖を流れる水はとても勢いがあります。
運動神経に自信があったら崖のような遊歩道を降りて滝に近づくべく岩盤まで行かれる人もいるようですが、正直怖いです。

三ツ滝2

また遊歩道と言いましたが、原生林様の草木が飛び出ているなかなかのワイルドな獣道です。
みずみずしい緑が映える時期の滝の写真をどうしても撮りたくて、スマホ用の三脚を持って訪れたのですが、草や枯れ木が転がる幅の狭い道で三脚を立てて撮影するなんて、マイル子にはそんな余裕はありません。
なので脇を閉めて頑張って撮影してみました。

しかし清浄な草木が育つ元気の出るこの三ツ滝は、まさしくパワースポットと呼べる聖地だと思います。
森林に囲まれた滝を眺めるだけで、気持ちも洗われます。

駐車場にいらっしゃった県の職員さんらしき方が
「ここが一番ええよ。」
とおっしゃるだけあり、木々の間を急こう配で左右に振りきるように落ちる水の流れは、野生のパワーと自然の優美さを兼ね備えたスポットだと思いました。

三ツ滝3
三段滝も大きな滝ですが、実は三ツ滝が一番大きいそうです。

スポンサーリンク

樽床ダム駐車場の利用で三ツ滝へショートカットアクセス

三段峡の滝を見学するには、ちょっとしたウォーキングと渡船の利用が必要です。
しかし、三ツ滝は実はとてもお手軽にお目にかかることができます。

三段峡の正面口駐車場からは歩いて4時間かかる三ツ滝ですが、下流にも餅ノ木駐車場や樽床ダム駐車場からのアクセスが便利です。
特に樽床ダム駐車場から三ツ滝へのアクセスは驚くほどのショートカットになります。

三ツ滝4

国道191号線を益田方面へ進み、聖湖方面を左折しダムを突っ切ると無料の樽床ダム駐車場があります。
そこから細い遊歩道を歩いてたったの5分。
かなりの勾配なので、行きは楽ちんですが駐車場に戻るときはほんの少し体力を使います。
でも三段滝へ行くことを思うとあまりに簡単に到着するので、しっかり歩きたいのであれば少し物足りないかも。
そのくらい近いのです。

スポンサーリンク

聖湖も見ごたえ十分

聖湖は発電用ダムとして建設された人造湖です。
しかしその周囲は紅葉の季節にはとてもきれいに染まり、湖を囲む道路のどこからでも眺めることができます。

また、「正直村」という湖畔のカフェや少し足を延ばしたところにあるおしゃれな山小屋カフェ「山荘HANAKI」などでゆったり贅沢な時間を過ごすのもいいですよ。

正直村

住所 広島県山県郡北広島町西八幡原770-1
電話 0826-37-0369
営業時間 5月~9月 10:00~18:00
10月~4月 10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 不定休

山荘HANAKIの記事はこちら

今回は緑深い梅雨入り直前に訪れたのですが、次回三ツ滝を訪れる際には、紅葉の季節に聖湖の湖面に映る紅葉を見に行きたいです。

スポンサーリンク

まとめ

広島の三段峡の最上流の三ツ滝は、自然がいっぱいのパワースポット。
爆音行ってもいい水の流れは、さすが三段峡の始まりを感じさせるのですが、意外にも簡単に訪れることができます。

ただし遊歩道は整備されているものの、山奥ならではの風貌なので、動きやすい服装がおすすめです。

付近の聖湖も紅葉の季節は人造湖を忘れさせる景色が広がり、湖畔や周辺のカフェでまったり過ごすことができるので、時間をかけて自然を楽しみたいスポットです。

ちょっと疲れたな、と思ったらぜひ三ツ滝でパワーチャージしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました