映画版アニメ『呪術廻戦』キャラの声優の決め方は?乙骨キャスティングの口コミや感想も

映画『呪術廻戦』 アニメ
スポンサーリンク

アニメ『呪術廻戦』が映画になり『劇場版 呪術廻戦 0』が2021年12月24日に公開されることになりました。

そこで乙骨憂太(おっこつゆうた)のキャラを声優の緒方恵美さんが演じることが決定し話題に。

今では乙骨に憑りつく祈本里香の声優のキャスティングにも注目が集まっていますが、アニメや漫画のキャラやその声優の決め方も話題となっています。

そこでアニメ『呪術廻戦』の映画で主人公乙骨の声優の決め方やTwitterでのキャスティングの反応、口コミをマイル子の感想も合わせてご紹介します。

アニメ『呪術廻戦』 映画の声優の決め方

アニメや映画の声優の決め方は主に3つ。

  1. 作者などが声優事務所へ直接依頼
  2. オーディション
  3. 制作会社側が決めてしまう

呪術廻戦の前日譚であるコミック0巻の映像化が決まり、先日映画『劇場版 呪術廻戦 0』の主人公である乙骨のキャラを声優の緒方恵美さんが演じることが決まりました。

どよめきが聞こえそうなほどの反響でしたが、そのアニメ『呪術廻戦』映画の声優の決め方について、結論から言いますと、1.ではないかと思われます。

というのも、『呪術廻戦』 の作者である芥見下々先生も様々な作品のオマージュをよく描写することで知られています。

今回の乙骨の声優決定を受け芥見先生は、

乙骨は元々「中性的で、優しさ、柔らかさがあった上で、大きな感情の振れ幅・落差もある」イメージを持っていた

引用元:『呪術廻戦 』アニメ公式Twitter

と語られています。

そのイメージのマッチングで声優の緒方恵美さんが決定しましたが、緒方さんの代表作と言えば

エヴァンゲリオンの主人公「碇 シンジ(いかり しんじ)」

年端もいかない内気で不安定、しかも線の細い少年の声を緒方さんの中性的な声は、エヴァファンの頭の中に完全に浸透しています。

先述した通り、芥見先生はオマージュの描写をたびたび行っていますが、そのオマージュ先の作品の一つと言われているのがエヴァンゲリオン(エヴァ)。

乙骨とシンジの融合とさえ感じるこちらからも、エヴァのオマージュを彷彿させるものがあります。

芥見先生は「乙骨憂太は緒方恵美さんに演じてほしい。」と明言しているわけではないようなのであくまで推測ではありますが、こうした作者の遊び心がそのままキャスティングされることは、作者冥利に尽きる、といった感じではないでしょうか。

スポンサーリンク

『劇場版 呪術廻戦 0』乙骨のキャスティングの口コミや感想

ところで、アニメ呪術廻戦の映画『劇場版 呪術廻戦 0』の主人公乙骨 憂太の声優のキャスティングについて、Twitter上で様々な口コミがツイートされました。

など、多くの呪術ファンは乙骨の声優のキャスティングに対し圧倒的に男性を予想していました。

緒方さんに決まってからの反応は、

ニュアンスから、マイル子も多分同じ感覚だったと思います。

でも、受け入れているファンも多く、

むしろ緒方さんに決まったことで新たにファン獲得の動きも。

ましてや芥見先生のコメントを見たら、何も言えなくないですか?

なんか…負けたよ芥見…って感じ。

実際マイル子も、乙骨は年齢的に男性声優であって欲しかったしそうだと思っていました。

しかも乙骨はかなり実力派のキャラクターなので、もっと男!って感じ。

だけど作者である芥見先生はもともとそうは捉えていなかったんですよね~。

読者であるマイル子が勝手に勘違いをしていただけでした。

というわけでマイル子の感想、

乙骨憂太の声優は「緒方恵美さん」で優勝!

スポンサーリンク

まとめ

アニメ『呪術廻戦』の映画『劇場版 呪術廻戦 0』の主人公乙骨の声優キャスティングに緒方恵美さんが決定しました。

それに続きエヴァンゲリオンのオマージュとも考えられる映画PVは、呪術ファンものけぞるほどの反応。

しかし最終的には今回のキャスティングでさらに呪術廻戦を楽しめることになりそうな口コミも多数あり、ますます目が離せません。

映画『劇場版 呪術廻戦 0』は2021年12月24日公開です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました